春は防寒邪の動脈硬化重点注目の部位

みんなは春が来て、気候が暖かくなって、上着を脱いで,服はとても速いです.春の気候は変化がよく、特に春先の時、春は押さえても、肝心の部位を押さえて健康に危害を加えることはない.

は手首心経の元穴神門穴、元穴は臓腑原气と留学までの部位を経て、臓腑の機能を強化.全身の血液がすべて知っていることを知って、血気を通じて血気に全身を温めて全身を温めて、だから春のひっかけの第1つの肝要な部位は神の扉.

神門穴位置:腕紋様で、手小指侧腕の内側の下の腱.

のポイント

神門穴担当:胸の痛み、便秘、焦燥、動悸、不眠、食欲不振などの疾病.この穴は人体の手が少ないために心経の上の重要なツボの一つである,レビトラ.

p神の扉保健方法:親指で、繰り返し点を使用して30度、いらだたしい、鎮静を除去することができます.この穴を揉ん時に力はあまり大きくなく、酸をも求めることはありません.

部位二:腰眼

人体の陽の息の根が腎臓、腰は腎臓の府、腎阳虚よく腰がぐったりして,動脈硬化、寒がり、頻尿や眠気に疲れて.湯たんぽで温湿布や灸腰眼先の腎兪穴、暖かい肾阳の作用を果たすことができる.

腎兪穴位置を穴に通常俯せ姿勢、腎兪穴は腰、当第二腰椎棘下、左右二つ広い所.

のポイント

腎兪穴担当:腰痛、腎臓病、高血圧、低血圧、耳鳴り、精力減退など.

腎兪穴保健方法:両手を握りしめ、人差し指を掌で関節部と置いて両側腎兪穴を、まず時計方向圧揉みきゅう、く度、反時計回り方向圧揉みきゅう、く度、こんなにまで36度.毎日にこすり腎兪穴は、滋陰精力、腎臓を補って健腰などの作用.

Pすね一部の人は

天気が寒い時に現れやすく片頭痛や小腹痛、吐き気、嘔吐なども現れて、漢方医はその表現阳虚に属して、そのときに重点保護いいすねの外側が多く、温湿布足臨泣穴と陽輔穴.

足臨泣穴位置:第四指や足の指の間のすきまのゴールを取って、穴の方法では、第4指と指の間を縫って足の甲に小指の方向に押されて、プッシュの縁は足骨がある時臨泣穴.

陽輔穴位置:すねの外側に足関節の上、下腿四寸の位置.

のポイント

足臨泣穴担当:頭が痛くて、眼痛、めまい、乳痈、瘰癧、脇肋骨痛、マラリア、脳卒中偏瘫、痹痛いが、足足の甲の腫れ、頭痛、腰痛、筋肉の痙攣、胆嚢炎、脳卒中、ノイローゼなど.

陽輔穴担当:偏頭痛、眼痛,脇の腫れ、下肢痿痹、半身不随、水虫、瘰癧.

おへそ<P>にはおへそ

はおへそ

p漢方医は

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です