インスリン.動脈硬化愛.知識.知識.知識.知識

多くの第1型糖尿病は、幼年、少年発病し、糖赤ちゃんと呼ばれている.赤ちゃん糖p>聞こえはかわいいですが、両親や病童にとっては驚きと苦難の代名詞.体が製造インスリンのβ細胞が完全にダウンしました、発症後は必ず一生インスリン注射がなければ,命の危険がある.

2005年の夏、黄洁芝とさん持ってうさぎと楽楽二人の息子オランダから車で行ったらデンマークレゴランドリゾート.途中で楽楽が突然昏睡状態、病院で救急処置、検査確認は糖尿病.

p>と<2日後に回せるオランダ機の病院は、黄洁芝から勉強を楽楽測血糖、学筆針インスリン注射されて以来、「命糖尿病を二分して、二度と帰っていけない発症前の日.と

退院後、3歳の楽楽は自分の病気が良いと思って、何かに血糖注射を打って、むずかる抵抗する.母は胸がやはり実行,動脈硬化、「私はかつて悲しい希望目を閉じて二度となくて、子どもを見なくても子供が痛い、痛め.と

は、血糖マシンで数値のカウント5秒を測定し、彼女はきれいな数字を祈るようにお祈りしている.

「私は毎日子供にザンギを食べてコーラを飲んで、テレビに乗るのは当然だが、それはザマミロだ.しかし私餵母乳、手作り付きに楽楽食べ、家族の有機野菜と果物を食べ、オリーブオイルで料理、毎日子供を連れて公園へサッカー遊び運動が、楽楽は病気になって、何の警戒もない.と

「Pは、腹立たしいと糖尿病と糖尿病という糖尿病という糖尿病という糖尿病というのは、糖尿病と衝撃と衝撃は最低.小さい頃からアルゼンチン潔芝移民はドイツ勉強、英語が分かり、ドイツ語やオランダ文を読んで、彼女も各国第いち型糖尿病本資料で、週回オランダの病院で授業を受けて、栄養士もかつて家に評価し、食べた料理は健康を称賛楽楽.

楽楽発病3ヶ月後,お父さんが仕事が転勤になって、兄は小さくなって、家族で帰って
.は、サイトでは、専門医は、専門医師、ペンの針、針の針、および、子供の注射のトランペットの注射器、および、その教訓を招いています.

1型糖尿病については、一型糖尿病として知らないが

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です