横に動脈硬化なって考えると問題はもっと鋭い

立って考えないと横になってみてみる.科学者は実験して発見して,横たわって考える最優秀方式.臨床試験は、同立ち姿や座る姿勢に比べ,動脈硬化、人々がベッドやソファーに乗るとき、問題の速度が速くなります.科学者は発見して、甲アドレナリンに行く――ストレスの下大脳発生の自然ホルモン、脳細胞の活動、人々の叙述と推理時の注意を下げます.人々が立っている時は脳に反応し,反応はもっと多くの甲アドレナリンが発生する.しかし、寝ているとこのホルモンの濃度を下げることができて、もっとはっきりとしています.また、人々が寝ているときには、脳の血流がよりスムーズに立った時、脳供血エール、脳がより鮮明に浮かぶ日常生活の見聞が、頭の中で多くの空間を提供して考える.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です