13大毒素「ひそ動脈硬化む」は日常用品をなめてはいけない

有毒物質は日常生活においては避けきれないものだが、私たちの日常的なものに隠しているものがある.日常用品は人体に健康に脅威はないと思うな、実は彼らの毒素は多いのは!あなたは知っていますか?練り歯磨き中のフッ化物は,市場の歯みがきが多かれ少なかれフッ素が含まれ、虫歯予防にも効果があります.しかし、フッ化物も潜在的な毒で、極小の量を摂取しても健康に悪影響を及ぼす、中毒性、毒性は日に日に蓄積さ.アメリカ国家癌研究所研究所で、フッ素反応とアメリカで毎年発生するガン死亡症例と関連.これに対し、首都医科大学附属北京の口腔病院予防科博士王鹏注意して、必ず正しく使用フッ素の練り歯磨きをくわえて、毎日を超える成人で3 . 4 mg、ななしち歳からじゅうご歳児で1 . 9 mgまでを2 . 1 mg、さん歳以下の子供を誤りやすい呑建ての歯磨き粉,しばらく使わないフッ素の練り歯磨きをくわえ.染髪剤中のパラフェニレンジアミンファッション男女変わり続ける髪の色は、中高年の人は若かった白髪頭を黒に染めて、実は市場のほとんどのヘアカラーでも一種類の化学物質――パラフェニレンジアミン、それを助けることができて、髪の色は鮮やかに着色が、にもつながる皮膚アレルギー、甚だしきに至っては発ガン.北京の武装警察総病院の血液科主任李昕权注意して、もし染める時を温め、健康に害が大きいため、パラフェニレンジアミン経加熱後、頭皮を通じて入って毛細血管につれて、血液循環を引き起こす恐れ白血病などの血液疾患.また、ベンズ二アミンは皮膚がん、膀胱がんなども誘発しやすいとされており.ヘアカラー時、最も生え際隣の肌に塗るといくつかのボディローション、付いて薬の後洗い流しやすく;もし髪の毛の局部ごま塩、必要はない全頭も黒く染め、白くなる部位を削減と頭皮の刺激を程度.嗽水と口腔、清新な口ぶりを持っている.アルコールはアルコール、体よりも発ガン物質のダメージを受けやすいかもしれない.オーストラリア国がん研究所は2009年に発表した研究報告によると、うがい薬のアルコール含有量が25%またはより高く、それと口、舌と喉のがんの関係.赤ちゃんケア製品には発泡剤という介護製品は、本来なら安心して,動脈硬化、事実として、人体に有害物質が含まれているという事実も含まれている.ラウリル硫酸ナトリウムは一種の化粧品やパーソナルケア製品の中で最も常用する発泡剤、酸化後形成十二アルキルエーテル硫酸ナトリウム、その目に刺激性の少ないよく使われ、温和でケアやベビーケア用品の中で.しかしその酸化過程の中に生成して極めて有害な化合物をいち、よんしよ-ジオキサン、それは一種のホルモンインターフェロン、ベトナム戦争終瞭後、大量の軍事者はかつてに陥っベトナムがんの痛みの中で.そのほかにも、種類のエストロゲンが、乳がんと子宮内膜がんの機会を増やし、精子数が少なく、病的に大きな関連があると考えられています.爪油中のホルムアルデヒドは近年、街のネイルサロンがますます多くなり、美しいに対して非常に.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です