『花ざかりの動脈硬化おじいちゃん』は、8大注意事項を、8大注意事項にして

最近では、『花と少年』旅番組剛に幕を下ろし、東方衛視《花よりおじいさん」バラエティー番組の放送は1株を巻き起こした別の観光風が違うので、番組で旅行に参加するのはよんしよ高齢名人をおじいさんに対して、「花と少年』の若い姉弟この何おじいさんの旅行の人は一分の心配して、自分の年を取った旅の中で多くのことがもっと注意が必要.以下、小さい編はあなたの老人旅行の注意事項と携帯の薬品が必要で、あなたに楽しみと健康を連れて旅行することを紹介します.高齢者が旅行する注意事項については、以前から健康診断:老年人は長距離旅行前に必要な検査を受け、医師に同意、側は出発することができる.そして自分の身体状況によって、適当な観光スポットを選び、遠く離れて、遠くないと、無理に、無理に.高齢者は旅行に行くには、団に従って出発し、出発後、直ちに団の医師に体の状況を紹介され、予防のために.避け節休暇期間:実踐の証明、休み期間中、旅行、込み合う、高齢者のこの行動が不自由に加え、宿泊緊張と生活の手配、普段よりも良いので、高齢者がピーク旅行を避ける.防寒保温:気候の気まぐれが気まぐれになり、様変わりの天気は風邪などを起こしやすくなります.だから、旅行前に多くの当地の天気の情況を用意して、適当な服や医薬品、以防不测.食生活中に食生活をし、野菜果物を食べ、便秘を防ぐ.食べずに、不合格の食品と飲料水、食べないで炊けの海産のジビエ、生水を飲みません.できる限り、レストランで食事をし、食器とコップを持参し、便利で衛生的です.各地の風味の軽食に対して、味わうべきで、一度食べないのは多すぎる、更にドカ暴食暴食、消化不良不良.意外な傷害を防止する:老年人の足が縺れるて、歩くのが不安定で、容易に事故が事故を起こしやすいです.したがって、旅行には、家族としては,動脈硬化、ステッキ.防ぶり返し:少なからず高齢者にいくつかの慢性病を患って、普段は薬で治療する者、旅行時が勝手に止まる薬.同時に外遊前よりも用意して救急用品や常用薬品,例えば伤湿鎮痛膏、風邪薬、バルバリン、健やかな胃薬など、船酔い者も連れて、防酔いした薬品ジメンヒドリナートや非那根などなど.過度の疲労を避ける:列車込み合う、車両の空気汚染、自動車に乗って頂ゆるすごい、疲労感.年には、車の寝台や飛行機、分段、旅行のスケジュールは、松永に適して、活動量には、大部分には、旅行に行くことができます.観光の時、歩行はゆるめして延納して、順に進みません.山に登る器量によりて荷をば持てならないように、心臓の負担を強めることによる過労、病気が再発した.宿の快適静か:高齢者の旅行中は十分に眠って、体力を回復されます.毎日6~8時間の睡眠時間、宿泊条件は豪華なので
,快適に静かにして、しかもお供してあるいは1つの部屋に居住して、お世話になりやすいです.老人:慢性的な病気の外出には、慢性的な病気の外出は、薬の解熱鎮痛鎮痛薬:外出旅行風邪で、時々発生します、.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です