新年会に恐れない十種を対応方法動脈硬化酒席

時のp <酒
1杯の牛乳、1杯の牛乳を飲んで、あるいは何枚パンを食べて、空腹でお酒を飲んで、胃粘膜刺激にならない;

p>と<ナンバー飲酒の長い間、早めに服用するまでVb族が薄れ、肝臓を保護して.

も意識的に多く食べでVb族の動物の肝臓、牛や豚は羊肉、卵黄、野菜、オート麦などの雑穀を高める体内Vb族の含有量は;

No.3白酒を飲む時、動脈硬化、白湯を飲んでアルコール尿に早くに体外を排除し、ビールを飲む時、勤上トイレ;飲みサウザ時最高オンザロック;

飲みすぎるべきでなくてNo.4もうすぐ猛は、ゆっくりと飲んで、体が体内のエタノール時間分解.酒機上罰杯数杯や一口つまらなく酔いやすい;

No.5酒を飲む時は多く食べて豚レバーなどの動物の肝臓を高める機体にエタノールの解毒能力;

No.6酒を飲む時は多く食べて緑黄色野菜、その中の酸化防止剤とビタミンが肝臓を保護して;

No.7の酒を飲む時多くマメの加工食品を食べて、その中のレシチンは肝臓を保護の作用;

No.8疲れた時は飲まないでしばらく宜;

No.9薬を飲んだ後に酒を飲まないでください、特に着た睡眠薬、鎮痛剤、風邪薬の後;

No.10酒を飲んではいけないように炭酸の飲み物、コーラ、サイダーなどがないように、体の吸収のスピードを加速アルコール.

p〉〈時は酒<>落とし穴
p <いち時<〉.濃いお茶と酒

演歌濃いお茶を飲む酒と科学によって、茶葉の中の茶ポリフェノールが一定の肝臓作用が、濃いお茶の中のフィリン血管収縮、血圧の上昇が、かえって頭が痛いので、酒の後で飲むことができる薄茶、濃いお茶を飲まないほうがいい.

p>に被害に<<.飲酒入浴時
お酒を飲んでから、お湯を洗って血液循環を加速し、体内エネルギー消費が増え、低血糖になりやすいです.

高血圧、心臓血管疾患患者の飲酒入浴、中風には中風、簡単に休憩.

p〉〈時は酒<>技
p <いち時<〉.果物を食べる時は
もし、果物とジュースの中の酸性成分でアルコールに中和することができるので、ジュース、ジュース、ジュース、ジュース、ジュース、果物とジュースの中の酸性成分とアルコール.

p <>に<時.まんじゅう
たくさんの人が飲酒して食事をしないで、このように危害がもっと大きい、消化の消化するデンプン類の食品、マントーあるいは麺類を食べます
.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です