「鋼はどんな錬成の錬成」(2)

鉄鋼はどんな錬成の錬成のかという

最近私は1冊の本《鋼鉄はどんな錬成の錬成のです》を見終わった、それは私の啓発に対して大きいです.

鋼鉄はどんな錬成の前に書いたソビエト連邦ニコラニコライ・オストロフスキー.主人公は柯察金ポール.彼は小さいころから家に貧窮て、人足、生活は非常に苦しく、普通に受け入れられない、その後赤軍戦争に参加して、負の傷、全身麻痺、全身不随.困難な困難の前には、強力な意思力、家族の励ましと助けを、勇敢に病気に挑戦し、彼は自分の理想、それは書くことです.この理想を持って、彼は逐一、永遠に困難にめげずには、この理想を持っている.彼が振り返ってみると、無為にされないから、もできないためか恥ずかしい、いまわの際、ポール思い切って筆を取って、書き続け、粘り強い努力を経て、苦難を乗り越えて、三年間かけて、ついに完成したこの『鋼鉄はどんな錬成』不朽の名作.

私はここにいると思います、私は、鉄のような強さの強い精神力を持って挫折に直面することができますか?今の子供は困難にぶつかるとすぐしりごみする.だから、今から、私は、この勇敢な、不屈、あきらめない、あきらめない精神を学ぶために勉強している.自分の理想目標に向かって勇敢に前進し、理想のない人、海には無力な小船のように.私はポールの元気を模範に彼のいいところを勉強して、将来クレイジー、国家のために自らの力を捧げ.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です