動脈硬化症の症状と改善

動脈硬化症とは
動脈硬化症とは、動脈硬化により引き起こされる様々な病態の総称です。心臓から全身に血液を送り込む役割を担う動脈の内壁が肥厚し硬化した状態を指して動脈硬化と呼称します。本症はこの動脈硬化が原因で身体にさまざまな症状が現れることを指します。

動脈硬化は、粥状硬化、細動脈硬化、中膜硬化の3種類に分類されます。動脈は内膜、中膜、外膜の三層からなっていますが、粥状硬化は太い、または中等度の太さの動脈の内膜に、中膜硬化は中膜に主に変化が起きます。一方、細動脈硬化は末梢の細い動脈が硬化するものです。臨床的に問題になるのは粥状硬化と細動脈硬化です。

動脈硬化症の症状
症状が軽い場合は無症状であることがほとんどです。目に見えるものとして、肥満が挙げられます。糖尿病の場合は喉が渇く、頻尿になるなどの症状がありますが、必ずしも動脈硬化になっているとは限りません。尿の量が多い、体のだるさ、体重の変化などもありますが、直接動脈硬化の症状ではなく、それに伴う基礎疾患の症状と言っていいでしょう。粥腫ができやすいのは、コレステロール値、血圧、血糖値が高い人、肥満の人になります。動脈硬化に気づいたのは脳梗塞の発作時だったということのないよう、気になるようでしたら定期的に動脈硬化の検査を行うようにしましょう。

動脈硬化症の改善
(1)適正な運動
適正な運動を ストレス解消をかねて適正な運動を習慣にしましょう。運動の目的は肥満の解消だけではありません。運動を継続的に行うことで、善玉コレステロールが増えることがわかっています。
(2)バランスの良い食事
バランスの良い食事を 食べ過ぎに注意し、栄養バランスのとれた食事をしましょう。
野菜や海藻類のほか、いわしやさばなどDHA・EPAを多く含む青魚を多く摂取するように心がけましょう。
(3)薬物による治療
薬物による治療 動脈硬化症の危険因子の改善、合併症予防のために、脂質異常症、高血圧、閉塞性動脈硬化症などの治療薬を服用することがあります。