動脈硬化の食事療法

動脈が弾力性や柔軟性があるから、心臓や脳などの臓器や筋肉などの組織に必要な酸素や栄養の供給は行なわれます。しかし、様々な原因で動脈は弾力性を失い硬くなります。動脈硬化が進行すると、日本人の死因の主な原因である心疾患を引き起こすリスクが高いです。

動脈硬化は生活習慣による生活習慣病の一つです。動脈硬化の原因となる生活習慣を改善したら、動脈硬化を予防することができます。

肥満解消
肥満は動脈硬化の原因の一つだと考えられています。食べ過ぎて、太ると血圧が上がり、脂質異常症を招くため、動脈硬化の発病を引き起こします。ですから、動脈硬化を予防するために、まずダイエットします。

牛乳
牛乳に含まれているタンパク質の中の含流アミノ酸が交感神経を刺激し、血圧を下げる効果があります。また牛乳は血圧を安定させ、動脈硬化を防ぐ働きをします。ですから、飲み続けていると病気を予防して長生きできるのです。

ブタのヒレ肉
ブタのヒレ肉には、脂肪分が少ないです。ですから老人ボケとなる脳動脈硬化をはじめ、動脈硬化も防ぎます。

動脈硬化の予防に小松菜
小松菜の葉緑素は、動脈硬化の予防などに必要な血管に付着したコレステロールを取り除く善玉コレステロールを増やし、コレステロールの量を減らす効果をもっています。

玄米・雑穀
玄米に、高血圧や動脈硬化などの原因となるホルモン「アンジオテンシン2」の働きを抑制する作用がある成分が含まれています。また血圧を下げる効果も期待できます。

海藻
海藻は血中コレステロールを低下させ、血管を丈夫にし、体内の新陳代謝を高めます。